(☆2015年1月現在、Tasmania Experience ツアーは開催未定です)
オーストラリア最大の環境保護団体 CVAは環境ボランティア・プログラムだけでなく、オーストラリア各地でネイチャーツアーを開催しています。 ここでは1例として、タスマニア・エコツアーをご紹介しています。
ほかのネイチャーツアーはCVAのホームページでご確認ください。 Naturewise Eco Escapes


  太古から続く大自然を満喫しませんか
 ◆ タスマニア・エコツアー2011~2012
 

オーストラリア大陸の南にある、 北海道より少し小さなハートの形をした島タスマニア。
この島は太古に大陸から分離したため、本土では絶滅してしまった珍しい動植物を、 今もなお見ることができます。           

未開の山々、うっそうとした熱帯雨林、あるがままの海岸―タスマニアの素晴らしい自然環境を 守っていこうとする働きかけは オーストラリアのみならず、世界中の関心事です。

今回ご案内するのは、世界遺産を含む、自然環境保全地域を散策する、1週間の少人数プログラムです。
オーストラリア・ブッシュ・ヘリテージ財団の環境保全プロジェクトに参加します。

タスマニアのかけがえのない自然にふれ、「自然環境を長い年月をかけて守っていく」意味を知り、 楽しく体感できる旅となることでしょう。

---- ボランティアと旅のハイライト ----

● 世界遺産に指定されたクレイドル山国立公園の探検
● リッフィー・リバー保護区の植物の観察
● リッフィー滝へのガイドつき遠足
● ペンギン・コロニーの探索
● ビシェノにて自然生物の生息地回復保護に参加
● 有名なワイングラス・ベイ、フレシネ国立公園への遠足


タスマニア・ホバート集合 (午前8時)、解散(午後6時頃)5泊6日のツアーです。
ホバート⇔メルボルンは飛行機で30分です。


日程






旅程
2011年11月 6 日(日) ~ 11月11日(金)
2011年12月 4 日(日) ~ 12月 9 日(金)
2012年 1 月22日(日) ~ 1 月27日(金)
2012年 2 月 5 日(日) ~ 2 月10日(金)
2012年 3 月18日(日) ~ 3 月23日(金)
2012年 4 月15日(日) ~ 4 月20日(金)
2012年 5 月 6 日(日) ~ 5 月11日(金)

日 付 場 所 内 容
1日目
(日)
ホバート 発

フレシネ国立公園着



8:00  ホ バート集合
ホバートを出発し、タスマニアの美しい東海岸を経由して、フレシネ国立公園に向かいます。

途中の沿岸部では、漂着物収集などの環境保護活動に参加します。

夕方には、ビシェノ(Bicheno)の海岸へ向かい、ペンギンのコロニー調査活動に参加 します。

L/D

2日目
(月)
フレシネ国立公園ワイングラス・ビーチ 終日、フレシネ国立公園で過ごします。

世界的に有名なワイングラス・ベイと世界で最も美しい海岸線をもつワイングラス・ビーチへ の散策は圧巻です。

B/L/D

3日目
(火)
リッフィー 渓谷・リッフィー滝
(キャンベル・タウン)



リッ フィー 渓谷へ向かいます。
途中、 歴史のある町キャンベル・タウンを通ります。

リッフィー渓谷では、リッフィー滝までの散策をお楽しみください。

B/L/D

4日目
(水)
リッフィー・ リバー保護区



クレイドル山国立公園着


午前中、 リッフィー・リバー保護区で過ごします。ガイド付きの散策を楽しみ、保護活動に参加しま す。

この保護区は世界遺産に指定されている中央台地のはずれにある美しい温帯雨林で、 カモノハシ、オポッサム、タスマニア・デビルなど多種の動物、60種類以上の鳥類が生息し ています。

その後、クレイドル山国立公園へ向かいます。

B/L/D

5日目
(木)
クレイドル山国立公園
クレイドル山
終日、クレイドル山国立公園をガイド付きで散策します。

日没後、この地域に生息する夜行性の野生動物の観察をします。


B/L/D

6日目
(金)
クレイドル山国立公園発

(シェフィールド)

ロンセストン着
クレイドル山国立公園を出発し、壁画で有名な街シェフィールドに立ち寄ります。

その後、アッシュグローブ農場とクリスマス・ヒルズ農場でタスマニアの味覚を お楽しみいただきます。

16:30頃、ロンセストン着予定

B/L


  ※ B-朝食、L-昼食、D-夕食
※ 国立公園内の観光は徒歩観光です。
 
◎参加費
4人部屋利用の場合 約¥ 76,000 ( 950オーストラリア・ドル)
2人部屋利用の場合 約¥ 81,200 (1,015オーストラリア・ドル)
1人部屋利用の場合 約¥ 92,000 (1,150オーストラリア・ドル)
キャビン2人部屋利用(ツイン/ダブル) 約¥ 98,400 (1,230オーストラリア・ドル)
キャビン1人部屋利用(ツイン/ダブル) 約¥130,400 (1,630オーストラリア・ドル)

※1オーストラリア・ドル=80円で計算 [2011年10月現在]

◎参加費に含まれるもの
資格をもったガイドの案内、全食事(朝5、昼 6、夕5)、国立公園入場料、世界遺産入場料、日程表に明 記したアクティビティ
※タスマニアまでの交通費は含まれません。

◎持ち物
丈夫なウォーキングシューズもしくはハイキン グ・ブーツ、防寒着、レインコート、タオルと洗面用具、つ ばの大きい帽子と日焼け止め、サングラス、長袖シャツと長ズボン、虫除 け、カメラとフィルム、水筒、寝袋(30ドルで貸し出しもあります)

◎エコツアーの1グループの人数
最少4名、最大10名で催行
※最少人数に満たない場合は、ツアー中止となることがあります。

◎お取消料
※予約保証金
お申し込みから32日前まで
30日前以降16日前まで
15日前以降 
200オーストラリ アドルが必要です。
参加費の15%
参加費の30%
参加費の100%


* * * 訪問地区紹介 * * *

■ クレイドル山国立公園
世界遺産に指定されていて、タスマニアの貴 重な動 植物 を観察するには最適の国立公園です。天候がよければ、美しいダブ湖周辺のガイドつきツ アーもお楽しみいただけます。

■  リッフィー・リ バー保護区
リッフィー・リバー保護区は美しい 温帯雨林で、タ スマ ニア中央台地世界遺産原生林保護区の端にあります。この地域はマウスオポッサム、フサ オネズミカンガルー、 ネズミカンガルー、タスマニアデビル、バンディクート(フクロアナグマ)、カモノハシ など多くの野生生物の生息地です。珍しい白オオタカ、絶滅の危機にさ らされているタスマニア・大イヌワシ、 黄色い尾のある黒ボタンインコ、ニュージーランドアオバズク、ピンクロビンなど、鳥類 も60種以上が生息しています。ボランティアは植物の観察、環境を破 壊する雑草の除去、カモノハシの生態観察などを手伝います。

■ ビシェノ
タスマニア東海岸中央の半島にあるフレシネ 国立公園の ゲートタウンのひとつ。勇壮なブローホールの景観や夜間のペンギン観察で知られていま す。低木の茂る保 護地域には、絶滅が危ぶまれるポッサムなどの有袋類や鳥類、ランなどの動植物が生息 し、雑草を取り除き、生育環境を再生させるプログラムが行われていま す。

■ シェフィールド
タ スマニア北西部、クレイドル山国立公園の入り口にあたる小さな町。「壁画の町」として 知られています。壁画はもともとは町おこしのために、1986年から 始まりました。地元画家により町中の建物に30枚以上描かれ続けています。そのテーマ は、タスマニアの自然や開拓史が多く、素朴なタッチが周囲の風景と マッチしていて、さながら小さな美術館のようです。


このタスマニアCVAエコツアーはオーストラリア・ブッシュ・ヘリテージ財団とオーストラリア・ア ドベンチャー・ツアーズが協力して開催しています。

 

CVA(オーストラリア環境ボランティア)
オーストラリア最大の活動的な環境保全団体で1982年に設立されました。毎年1500件以上の環境保 全プロジェクトをオーストラリア各地で実施し、年間 延べ5万日のボランティア活動を行っています。 CVAとは

オーストラリア・ブッシュ・ヘリテージ財団 <Australian Bush Heritage Fund>
自然の動植物の大切な生息地が私有地である場合、自然を保全するために価値ある土地を購入・管理する全 国的NPO団体です。
1990年に著名な環境専門家ボブ・ブラウン博士(現オーストラリア緑の党上院議員)がリッフィーにあ る自宅の近くにある森林が伐採されようとしたときに 融資を受けて241ヘクタールの森を購入し、財団を設立しました。現在ではオーストラリアの4つの州か ら理事を選び運営される財団です。活動は主に市民の 寄付でまかなわれています。

アドベンチャー・ツアーズ・オーストラリア
オーストラリアの少人数アドベンチャーツアー・オペレータの会社で、ガイドはこれらの保護区の環境保全 活動に参加しており、十分に訓練を受けています。海 外ボランティアはガイドから説明を受け、指導を受けながら活動します。


【問合せ】

CVAの ホームページ
 (2015年1月現在、Tasmania Experience ツアーは開催未定です)


  ▲上へ戻る