このコーナーでは、海外経験豊富な日本人からのお便りを紹介していま す。
海外旅行、海外生活での個人的な経験談はとてもおもしろい!


  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ


イエメンだより#5
元ツアコン水谷の
プライベート旅行


出発前の準備 
≪マナー編② 物をあげること編≫


海外にいくと、いわゆる貧しい国の子どもたちに物をあげる観光客が多くいます。
一番多いのはボールペンかもしれません。


実は、簡単に物をあげることには反対の私は、ある日、友人であるイエメン人の息子の前でペ ン回しをやってみました。
ペンを使って、こんなものできるんだよ、の意味で…。
ところが…びっくりされるどころか…、


『(*^。^*)ウワァ~、カラム、ショックラン! (ペン、ありがとう)』


と言って、別の意味で感謝されてしまいました。。。^^;
ネッ!見てくれた??ペン回し??と思ったものの、ま、しょうがないですね。

 
これからイエメンに行こうとする方々へのお願いがあります。


可哀想、お金ないのね、の同情から、お金なり、物をあげないでほしいということです。
彼ら、、、意外と、持ってるんです!
(ペンとか、たまっている子も多い らしい)


この話は、実は中東だけでの話ではないかもしれません。
いわゆる発展途上といわれる国々に共通する点かも。


ツアーのお客さんで、古着やなにやら、沢山日本からお持ちになり現地の人にあげる方がい らっしゃいます。
とても素晴らしいことと思います……が、その心は??
と問いたくなることがありました。


いわゆる高級ブランドの服のお古をあげた方が、一言…
『折角あげたのに、着てくれないわ』と。


この方は、相手の方のため、というよりは、まるで自己満足のためにあげている。そんな気が してなりません。
それもブランド。シャ○ル、バー○リー、などなど。
スーク(市場)のどこで、ウン十万もする服が売られているというのでしょう。
考えてみれば、普段接することもなければ、お目にかかることもないブランドの価値を、理解 のしようがないのですね。


服をもらった彼ら、彼女らの感覚は、
『あら、洋服いただいたわ、買う手間省けたわ。普段着れるわね』
というもの。 それにお洒落感覚も国によって様々です。


こんな話もありました。
『物をあげても、ありがとう、って言われないのよね~』


こと、イスラム圏では、神=人間の縦社会ですから、物を贈られた時は、

“プレゼントをしてくれた人を、自分のところに導いてくれたのは、神様。
 神様、ありがとう”

と、こう考えるのです。
思考回路が宗教によって違ったりします。


はたまた、こんな経験もしました。
あるお客さんが、目の前に数人しか子どもたちがいないし、といってボールペンや飴をあげた ところ、
なんと細胞分裂のように後から後から子どもたちがわんさかわんさか来るわ、来るわ。
…結局、大喧嘩。
泣き出す子どもが現われるわで、それはそれは収集がつかず大変だったそうです。


世界って、人って、面白いですね~♪


*** *** *** *** *** *** *** ***

何か物をあげるときには、見返りを期待せずに、ただただ奉仕の心のみ。
それだけで、良いのでは、と思います。
その物をあげるのも、誰にあげたらいいのか、相手のことをまず考えること。
世間を知らぬ子どもたちは、物をもらうことに慣れてしまうと、働く気力がなくなる、それに 心もすれてしまう。
そんな空気を感じることができた中東エリア。


なので、物をあげる時は、誰でもかれでもというのはお控えなさった方がベターです。
お世話になった知り合いや、友人にあげる、これがベストでしょう。
もしくは、ある機関(例としては、チベット難民支援機関などなど)に渡してしまう。
こんな方法も良いかもしれません。


現地の人たちとは、シャーイ(紅茶)を飲みつつ、手振り身振りの会話とか、そんな日常生活 の中での交流。物質交流だけでなく、いい感じで、心交流をできたら最高ですね!


イエメ ンに行ってみよう  ⑤ イエメンの豆知識

イエメンは熱帯性~温帯性気候まで幅広い気候の国ですが、
いわゆるうつる病気(感染症)は比較的少なく、
赤痢、食中毒などの消化器系の病気の発生数もあまり多くありません。
とはいえ、病気にかからないために、以下のことに気をつけましょう。

①生水を飲まない
②チーズやヨーグルトなどの乳製品は不衛生な屋台では食べない
③虫に注意(マラリアを媒介する蚊がいます)
④犬に注意(かまれると狂犬病にかかる恐れがあります)
⑤水遊びに注意(河川に危険な寄生虫が生息していることも)

そして、何より楽しい旅行にするために、体調をしっかり整えて出かけましょう。


●イエメン 日本との時差

日本との時差は-6時間あります。
日本が正午(12:00)ならば、イエメンは同日の朝6:00。
サマータイムは実施されていません。


●イエメンの水

ミネラルウォーターを飲みましょう。水道水は煮沸したものでないと飲めません。



  ↑上へ

  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ

イエメンだより#4
元ツアコン水谷の
プライベート旅行


出発前の準備 
≪マナー編① 写真撮影≫


前回では服装でしたが、今回はその他のマナー編です。

今回は写真について。

今でも「写真を撮られる=魂を抜き取られ る」と信じている方々があまりにも多い。
これはおそらく、ツアコンを始めてから学んだことで、まず驚いたことだったと思います。

ところが、今の子供達はみんなカメラが大好き☆
みーんな集まってきて、それも《直立不動》で整列し、撮られるのを今か今かと待っていま す。

しかし! こと女性となると、そうもいきません。女の子の時は、まぁ、まだOKのようです が、女の子から女性になる時(あえて文にはしませんが、おわかりいただけますね)、父親の 判断でヒジャーブ(国によって呼び方が様々です)を被るようになり、もちろんそうなると写 真にうつることはご法度となります。

ただでさえ、家族の男性陣や旦那様以外には顔を見せてはいけないお国(ただし見せてよい度 合いは国によって様々。この被りものに関してはまた後日…)。
それも、見ず知らずのヤーバーニー(ア ラビア語で『日本人男』の意)に写真を撮られ、それも遠いヤーバーン(『日本』)に持っていか れ、どこの誰だか得体の知れない輩達に我が娘がさらし者にされるなんて言語道 断!!!!!!!!!  とまぁ、こんな考えなのでしょう。


こんな話を聞いたことがあります。
10年以上前の話ですが、ある男性が、断りもせず(まぁ、伺ったところでOKサインが出る とは到底思えないのですが)、女性の写真を遠くからではあったけれども、バレないだろうと 思い撮ったら、なんと近くにいた男性陣たちが「あいつ写真を撮ってるぞぉ~  彼女を守れ~!」と、石を投げてきたというのです。

そこでちょっと考えてみましょう。

今までも(添乗中に)、こちらがいくら注意しても、バシバシ断りもなく現地の人々の写真を とってるいい歳こいた(!)客人達が多くいました(-_-;) 。

もし、貴方がただただ普通に外を歩いていて、突然見ず知らずの人にシャッターをきられた ら……。いったいどんな気分になるでしょうか。
それも、もし貴方が女性で、撮ったのが男性だったら??? と考えれば、少しはおわかりい ただけるのではないでしょうか。 

いわゆる、失礼、というやつであります。そのへん、国籍は違えども、みんな同じ人間なんだ よね。

(でも、『客は神様』と同じ台詞を唱えるだけでなく、マナーをしっかり教え、教育すべき も、また旅行業界の役目だと、私は思うのです)


なので、女性の写真を撮る際には、特に気をつけた方がよいし、被写体となる女性のみだけで なく、その周りの背景(男性陣が沢山いるか、ご家族がいるか、町のど真ん中か等)にも是非 注意を払っていただけたら幸い!


写真家の手で撮られた女性写真をたまに見かけるけれど、それはかなりズームのきく高性能カ メラ(名前を思いつきませんが)を持参していたり、もしくはよほどその写真家と女性の家族 との信頼関係、絆が強いのかどうか、だと想像します。

上記に書いたいわゆる一般常識を考慮した上で、是非楽しい旅と共に、素敵な写真を沢山とっ てきてほしいと願う私です。


そして、もちろんのこと、
「スーラ、OK?? (写真撮っていいです か?)」
の言葉は、女性だけでなく、子供、大人(男性)にもかけてくださいね!


イエメ ンに行ってみよう  ④ イエメンの豆知識

イエメンの言語はアラビア語です。英語は通じにくいようです。
アラビア語会話集があると便利。


●旅の言葉 (ア ラビア語)

こんにち は マルハバ いくらで すか? ビカム  ハーザー
さような ら マッサラーマ 写真 スーラ
はい/い いえ アイワ/ラー 日本人 (男) ヤーバーニー
ありがと う シュクラン 日本人 (女) ヤーバーニーヤ
よい、 OK、おいしい タマーム トイレ ハンマーム
これは何 ですか? エーシュ  ハーザー おわり ハラス



  ↑上へ

  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ

イエメンだより#3
元ツアコン水谷の
プライベート旅行


出発前の準備 
≪服装編≫


イエメン添乗のときは、お客様には、
「イスラムの国なので、ノースリーブ系や、ひざ丈のスカートはお控えを!」
と伝えてましたが、実は実は現地にいるときには、半そでの私もちょっと視線を痛く感じた時 が多々ありました。
なんというのでしょうか、現地女性陣が(サナーでは全部隠し、アデンでは時に顔だけ出すス タイルもあります)隠しているので、チャンスとばかり、堂々と肌を出す外国人女性陣をそれ はそれは丁寧に芸能人を見るように、熱く(?)居心地の悪い視線を投げかけます…。

イスラムの国々では、女性は肌を覆わなければなりません、それは宗教上の規則(常識)で す。
コーランでは、
「女性は慎み深く、体を家族以外の男に見せ ないように、恥ずべき箇所を隠すように…」
ところが、どこまで出してよいのかは、実は国によって考え方が様々なんです ね。
比較的自由なレバノン、シリアから、サウジアラビアやイエメン等の厳しい国。
女性陣が着る(黒いカラスちゃん)服を、アーバーヤ、といったり、ヒジャーブといったり、 各部分で呼称も異なるのだとか。


実は、イエメンでは極力、現地女性のようなアーバーヤを着ている私。
実際着てみて感じること。それは、町中の殿方は、このアーバーヤの黒子作用がよく働いて、 日本人女性の私はまったく眼中にない様子。時には、目だけ出すスタイルもしてみました。す ると、男性陣は見てみぬふり!

そしてその居心地のよろしいこと!まるで、アーバーヤがバリアの役割をしている、そんな気 持ちになりました。
洋服を着ていた時より、男性陣のこちらを見る目が優しい印象を持ちました。
理由を聞いてみると、現地の習慣を尊重してくれていると理解してもらえたそうなのです。
とても旅行しやすい格好でした。

ある時は、空港で、イエメン人女性から≪アーバーヤを着てくれて、ありがとう≫との嬉しい 言葉をもらったことも。

イスラム教の世界では人の視線(邪視)は、向けられた人を不幸にするといわれているし、 アーバーヤを着ることでそういう男性や外国人の視線から守られているんだな、と実感し、心 底納得しました。

そうそう、男性旅行者も、服装に関して少しは意識していいかもしれませんね!いわゆる膝丈 短パン?系は、イエメン人からすれば、ちょっと肌みせすぎと言っていた人がいました。イエ メン人男性も、あまりにも暑いとサウブ(オバQ服)をたくしあげることもありますが、常で はないです。(半そではもちろんOKですが。)

聞いた話で、欧米系の肌露出系女性を、向こうでは売春婦として見るのだそうです。それも女 性一人で夜歩こうものなら、もっと勘違いを通りこして、
「ビカム(いくら)??」なーんて聞かれて、とんでもない事になってしまうかも。
イスラム教国では、女性が一人で旅をすること自体、未だに信じられない事と考える人々が多 いという事実。
これは、頭の片隅においておいてください、是非!そうすれば、少しは身が引き締まるでしょ う。。。
なので、これから一人旅しようと思っている女性陣の皆様!是非、是非、自分の身は自分で守 るぞの気合で!
これ、基本中の基本かもしれません。
(といっても睨みきかせなくても大丈夫^_^;)だからアバヤはおすすめ材料です。

あと、自分で着ていて、発見し納得したことも数点。

①日に焼けなくてすむ(日差しが強い)
②砂ぼこりの心配なし(排気ガスも含)
③冬に着ると、&スカーフで、とても暖かくなります。

サナーは標高も2300メートル近くなので、冬の朝晩はけっこう寒いのです。そんなとき、 頭、耳をスカーフで覆うと最高! などなど。ぜひおためしあれ!


イエメ ンに行ってみよう  ③ イエメンの豆知識

イエメンは沿岸部、東部の低地地帯、西部の山岳地帯と大きく3つに分かれて おり、気候は場所によって大きく違う。
観光の中心になる標高サナアは 夏最高気温30℃、沿岸部分のモカなどは、40℃を超える 日もある。

●イエメン 旅のベストシーズン
基本的にイエメンは暑い国なので、涼しい乾期の冬の間、11月~2月は快適な旅行が楽しめ る。また、イエメンはモンスーンの影響で5月から9月は雨がふります。雨季明けの9 月~10月は、山々が緑に色づきとても美しい。「アラビアのスイス」と呼ばれるのはこの時 期の様子。また、乾燥している沿岸部や東部低地は砂漠気候で朝晩の気温差が大きいので、要 注意。

●アデンの気温 (℃)


1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
最高気温
23
27
28
31
32
33
33
33
33
31
29
28
最低気温
23
24
25
28
29
31
29
28
30
28
25
24

 

 


  ↑上へ

  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ

イエメンだより#2
元ツアコン水谷の
プライベート旅行


知っておきたい、イエメンのこと 
≪宗教、常識編≫


日本を飛び出し海外旅行をするとき、みなさんは、これから向かう国について何を考えます か??
美味しい食べ物あるかな?買い物できるかな??
ホテルは素敵かしら?? 治安はどうだろ??
と様々だと思います。

これまでのツアコンの経験から、まずそれ以上に大切と思ったこと。
それは、その国の『宗教』『常識』です。
でも、固く思わないでくださいね!

例えば、日本では、家や建物内(歴史的)に入るときには、靴を脱ぎます。
人に挨拶をするときは、お辞儀をします。などなど・・・
これは単なる一例ですが、最低限のマナーって各国であるものです。
『常識』は、=マナー。

では『宗教』は??
これは、一言で説明するのは大変難しいものです。
これから行く国では、いったい何を信仰しているのだろうか?そして人々の生活と宗教との関 係の深さは?
旅行をするにあたって、気をつけるべき点はないのだろうか?(←宗教関連で)と考えを巡ら せて、
この件だけは、ちょっと勉強してみてくださいね!

日本では仏教、神道とありますが、イエメンの地域一般にアラブと言われる地域では、
「イスラム教」を信仰しています。
イスラム教のイメージは、最近のテロ・ニュースで恐いイメージが前面に出てきてしまってい ると思いますが、ちょっと中を覗いてみれば、実は、他宗教と同じ、別の言い方をすればごく ごく当然のことを教えとしていることも多々あるのです。
『人に悪いことをしてはいけません』、『目上の人は尊敬しなさい』、『人に会ったら挨拶し なさい』、とか、日本でも誰でも小さい頃から教わってきたことと全く同じなんですね。
人が人として、平和に暮らしていくための知恵。

それが宗教として表現されている、と思っています。

ところが、十人十色とことわざがある通り、ひとつのことでも多々解釈がでてきて、宗派がで きたり、
時には同じ宗教を信仰しているのに、意見の相違からぶつかり合いとなり、戦争にいきついて しまったり。。。それが、今の現状。

イスラム教において、よく聞く言葉で「アッラー」があります。固有名詞???と思ってしま いますが、これは、アラビア語で『神様』そのもの。英語でいえば、『The God』となります。
神様は一人しかいないので、定冠詞がつくのです。

仕事柄色々な宗教の国々に添乗しましたが、私なりの解釈で、いきついた宗教観。

『偉大なる神様はいらっしゃる。その神様をどう呼ぶか、どういう存在としてみるかは地域に よって違うのだ。結局は、世界中の人が敬い、拝む神様は、同じひとつの存在なのでは。』

そうなると、かなり色々な宗教でつじつまが合う。
偶像崇拝を禁止しているイスラム教なので、偶像で溢れかえる仏教(寺)やキリスト教(教 会)を理解しがたい。
仏陀の存在も、神でもないのに何故拝む?とくる。
ところが、預言者としてみると、納得がいく。イスラム教の世界では預言者としてムハンマド 氏が敬われる。
同じくキリスト教の世界でもイエスキリストは預言者の一人としてみられている。
ここでの預言者は、未来を予言する人のことではなく、神様の言葉を預かり伝える人の意味。
そうなると、イスラム教の人に仏教の説明をするとき、仏陀は預言者の一人だと説明をする と、
『ほ~』と納得してもらえたときがあった。

そんな神様一筋の宗教のため、現地では『私は、無宗教です』などとは、言語道断。
これが、いわゆるマナーというもの。

そして、神様の存在が大きい宗教では、人間関係にも影響を及ぼします。
イスラム教や、キリスト教では、『神様対自分のみ』という構図が成り立ち、縦社会が形作ら れます。
仏教世界では、『仏様の下に、皆横並び』という横社会とよく言います。
それは、精神構造にも繋がっていきますので、欧米社会や、イスラム社会では根本的に個人主 義。仏教社会では、協調主義となります。
ただし、前にも書いたとおり、神様の教えが+αとなり、ただ冷たい感じのする個人主義では なく、
その上で人には優しく~、と個性に追加されていくのです。

一言で宗教を語ることは、難しいものです。
最近では、書店には、どの世代にもわかりやすい宗教説明本などが置いてありますので、
少しでも読んでみてください。
そのアクションをおこすことで、たとえ数%だけでも知識が増え、また違った視点で沢山の 国々を
見ることができるはずです。

そして、他にも、現地での服装、してはならない行動などなどあるもの。

イエメンに興味があり、いつか行ってみたい!と思う方々に、しばしは行く前準備で
服装や、マナーについて次回は書いていきます。


イエメ ンに行ってみよう  ② イエメンのビザ

イエメンに入国するにはビザ(査証)が必要です。
出発前に日本にあるイエメン大使館でビザを取得します。

●申請に必要なもの
1.申請書
2.パスポート本体
残存期間 入国時に3ヶ月以上
3.証明写真(4.5cm×3.5cm)
4.英文の日程表
5.お金 ¥4,000

申請した翌日にはビザが発行されます。

申請時間 : 09:30~11:00 13:30~16:00
受領時間 : 13:30~16:00
休館日 : 土、日、日本の祝祭日

●イエメン共和国大使館
Embasssy of Republic of Yemen
〒106-0031 港区西麻布4-12-24
第38興和ビル8階807号
電話:03-3499-7151
Fax :03-3499-7837


 


  ↑上へ

  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ

イエメンだより#1
元ツアコン水谷の
プライベート旅行


はじめまして!


みなさんは、アラブ、イスラムと聞いて、何を連想しますか?
おそらく、「砂漠」「女性が布をかぶっている」「ラクダ」などなど、いろいろと出てく るのではないでしょうか。数年前まではそうでした。今、新聞をにぎわす「テロ」の文 字。めまぐるしく目から耳からとびこんでくる高速メディアの数々。
そんな多すぎる情報に惑わされて、アラブ圏=怖い地域というイメージ、持ってません か?

はじめまして、数年前までツアーコンダクターをしていた水谷敦子です。ただただ偶然に 入った会社が秘境(もちろんヨーロッパ等もありますが)専門の旅行社だった関係でイス ラム圏をはじめとして、数々の秘境地を訪れる機会にめぐまれました。

そして、いつのまにやら、秘境(特に中東、そしてさらにはイエメン)に魅せられ虜と なっていったのです。イエメンという国は、サウジアラビアの南、アラビア海に面してい る横長の国。最近(といっても昨年秋)では、オシムJAPANが、イエメンの首都サヌ アで国際試合をしました。テレビで放映されたので、ごらんになった方もいるかもしれま せんね!

10年前とくらべ、イエメンへ一人旅をする日本人の女性も増えて、人気も急上昇。
この10年にわたり、イエメンの変化をみづつけてきた私ですが、なぜイエメンに惹かれ るのか、「人」でしょうか。いい意味での素朴な人間性。
一言では、言い表すことがとても難しいイエメンの魅力。

これから、徒然なるままに綴っていこうと思います。


イエメ ンに行ってみよう  ① 日本~イエメンへの交通手段

日本からイエメンの首都サヌアまでは、カタール航空とエミレー ツ航空の便があり、両航空会社とも大阪から出発している。カタール航空が乗り継ぎなどが便 利。
所要時間は片道15~16時間

●カタール航空
往路(月/金)
23:55(関西)-翌日10:20(サヌア) ドーハ(カタール)で乗り継ぎ
復路(火/土)
18:55(サヌア)-翌日15:55(関西) ドーハ(カタール)で乗り継ぎ

●東京から行く場合
21:00(羽田)-22:15(関西)
19:40(関西)-20:45(羽田)

航空券代:約100,000円 + 諸経費

エミレーツ航空の場合は関西/名古屋発可。但し復路ドバイで の待ち時間が長い。


●イエメン共和国 Republic of Yemen
首都 サヌア
主要言語 アラビア語
面積 528平方km
人口 100万人
通貨単位 イエメン・リアル
イエメン観光局 http://www.yementourism.com/

 


  ↑上へ

  >>   イエメンだより 最新 へ
>>   イエメンだより #6-10へ